アンテベートヒルドイドをアトピー肌の手足の荒れに使っています。

わたしはアンデベートヒルドイドを使用しています。

アンデベートヒルドイドを使い始めて早5年近くになります。

生まれつき私の兄弟は皮膚が弱く、私を除いて弟と妹はアトピー性皮膚炎に悩んでいました。

痒みを我慢できず、かいてしまうので皮膚が黒くなり像の皮膚のようになってしまいましたが、大人になるにつれて落ち着いて今は色素沈着してしまっているだけの、一般的な人よりも敏感かな?位の皮膚まで改善しました。

わたしは兄弟と反対で、子供の頃には全く発症せずキレイな肌を維持していましたが、23歳を超えた頃から徐々に痒みが出てきて、今は誰が見ても分かるほどのアトピー肌で、特に手足の荒れが酷いです。

最初のうちは、ステロイドを使用せずに過ごそうと思っていましたが、日中かくのを我慢しても夜寝ている間にかいて悪化させるようになったので処方してもらうことになりました。

アンデベートヒルドイドは正直、強い薬だと効いていますが、痒みが気になる時や体液が出てしまっている時に気にせず使用しています。

アンテベートヒルドイドを塗れば随分よくなりますが、塗らないとまたすぐに元通りになってしまうのが現状です。

足の裏などに塗ると、皮膚が固くなってしまうのも悩みの種です。

ただ、アンテベートヒルドイドを塗らないよりも塗っていたほうが生活はしやすいし、グジュグジュしたところが乾いてパックリ切れてしまうということも防げるので塗っています。

特に夜寝る前にたっぷり塗って手袋や靴下をはいた状態で寝ると、次の日はかなり良い状況まで回復していることが多いです。

(また日中過ごしていると悪化してしまいますが)

本来、アンデベートヒルドイドの使い方は一週間など期限を決めて使用して、良くなったら薬のレベルを下げるようですが、体が薬に依存してしまっているのか、薬のレベルを下げることが難しそうです。

関連記事:ヒルドイドクリームが最安値で買える通販はこちらです。




生活
ニキビの薬を市販で買えるおすすめの通販

コメント