アンテベート軟膏が市販で買える通販はこちら♪

アンテベート軟膏の市販品はありませんか?楽天やamazonのような通販サイトで買えませんか?

この記事ではこんな質問に答えます。

早速、回答です。
アンテベート軟膏は処方箋が必要な医薬品で楽天やamazonのような通販サイトでは購入できません。OTCの市販品もありません。
アンテベート軟膏が購入できるのはファミリーファーマシーグローバルという通販サイトです。このサイトは海外(シンガポール)のサイトで、日本の医薬品を日本に逆輸入してくれるサイトです。

海外の逆輸入なら送料が高くなるのでは?と心配される方がいますが、アンテベート軟膏5gが10本で5,288円(送料無料)です。
病院で処方してもらうよりは高いのですが、診察代などの薬代以外の費用がかからないというメリットもあります。


商品名: アンテベート軟膏0.05%(劇):5g×10
販売価格:5,288円
送料:無料
発送元:シンガポール
製造元:鳥居薬品 株式会社
販売サイト:ファミリーファーマシーグローバル

>>アンテベート軟膏の購入はこちら

もっと安く買いたいならジェネリック品のアンフラベート軟膏がおすすめ

もっと安く買いたい方はアンテベート軟膏のジェネリック品のアンフラベート軟膏(ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル軟膏)がおすすめです。
同じ有効成分で5gが10本セットで2,932円(送料無料)で買うことができます。

>>アンフラベート軟膏の購入はこちら

オオサカ堂では買えないのか

オオサカ堂の検索窓にアンテベート軟膏と入力しても何も出てきませんが、

アンテベートと入力すると
『アンテベート』 の有効成分 『ベタメタゾン』 を含む商品はこちら
と表示され、次の商品が表示されます。

(リンクをクリックすると販売ページに飛びます)
ダーマベル(リンデロンDPジェネリック)(ベタメタゾン0.05%)
ベトノベートGMスキンクリーム(ベタメタゾンベレタート0.10%、硫酸ゲンタマイシン0.10%、ミコナゾールナイトレート2.0%、クロロクレゾール0.1%)
ベトノベートS軟膏(ベタメタゾン0.1%、サリチル酸3%)
ベトノベートNスキンクリーム(ベタメタゾン吉草酸エステル 0.10%、ネオマイシン硫酸塩3.0%、クロロクレゾール3.0%)
ベトノベートスキンクリーム(ベタメタゾン吉草酸エステル 0.10%、クロロクレゾール 0.1%)

アンテベート軟膏に一番近いのはダーマベル(リンデロンDPジェネリック)(ベタメタゾン0.05%)と思います。
アンテベート軟膏も有効成分はベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル0.05%です。

ダーマベルは1本30gありアンテベート軟膏は1本5gなので6倍の大きさになります。


商品名:ベタメタゾン0.05%(ダーマベル) 【1本30g】
有効成分:ベタメタゾンジプロピオン酸エステル 0.5mg
販売価格:
 1本 1,661円
 2本 2,550円
 3本 3,318円
送料:無料
製造メーカー:Farma-Tek Ilac San Ve Tic. A.S.
販売サイト:オオサカ堂
>>ダーマベルの購入はこちら

他の成分が入っているのものは自分の症状に合わせて、使用してみてください。
自分がどの軟膏、クリームをつかったらいいのか分からない方は、通販、個人輸入で購入せずに病院に行って、医師に相談してください。

アンテベート軟膏の添付文書は

アンテベートの軟膏の添付文書はこちらで見ることができます。

アンテベート軟膏のステロイドの強さは5段階評価で上から2番目のVery Strongとても強いです。

ユーザーの中にはアンテベート軟膏を陰部に使っていいか?顏に使っていいか?と質問される方がいますが、吸収されやすいので、お医者様の指示にしたがい使用してください。

皮膚が薄い顔や首、陰部などは薬が効きやすく、また体内に吸収されやすいです。このような患部に対しては、ステロイドのランクや使用回数・期間などをよく勘案のうえで用います。

参考サイト:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2646730.html

コメント