私のおすすめの乾燥肌の治し方は皮膚科へ行くことと 食事の見直しや保湿

私は20代、女性、会社員です。

まず乾燥肌に必要なのは保湿です。
保湿をしなければカッサカサのままですが、保湿をこまめにするとだいぶそれだけでましになります。
それでも全く意味がないほどの乾燥肌やアカギレや肌が地割れするほどのひどい乾燥肌であれば皮膚科に行くことをおすすめします。
皮膚科では保湿もそうですが、肌の状態に合わせて薬も処方してくれます。
肌のターンオーバーが正常にされていない場合は、飲み薬や塗り薬と言った外部的なものよりも、睡眠や食事、ストレスなどの内的なものの対処も必要かと思われます。

偏った食事や、高脂質でハイカロリー・脂っこいものの食べ過ぎなど偏った食事はそれだけで体のさまざまなバランスを崩してしまう原因になります。水分をこまめにとることも大切です。
野菜や果物のように水分が多い食事をしていれば食事から水分もある程度補給されますが、そうでないなら、なおさら水分はこまめにとる方がいいです。目安は、一時間に最低でもコップ一杯のお水です。
コーヒーやアルコールなどの利尿作用があるものは、逆に水分が出て行ってしまいますので混同しないように注意が必要です。

こまめな水分補給と、食事の改善で、それらが偏っている方にはかなり肌のターンオーバーも促進され、肌質の改善が見込めます。

睡眠不足もあらゆるトラブルの元になるので、短すぎず長すぎずの自分に合った時間をなるべく取れるように調節してみてください。

それからストレスなどの、外的でもあり内的でもあるもの。
これはうまく自分の中で発散できる方法を新たに見つけてみるのもいいかもしれません。

まとめると

・皮膚科へ行く
・薬が処方された場合、服用して様子を見る
・保湿はなるべくこまめに
・食事の見直し
・水分をこまめに
・睡眠
・ストレスの対処

これらは対処がしやすいと思います。
人によって肌質は異なるため、何が効くかは個人差がありますが
上記を試してみてください。

そのほかに、メイクをするときは、ベースメイクに保湿力の高いものを使用する。スキンケアも保湿がしっかりされるものを。
クリームなど、肌荒れの心配がない方は使うと次の日の肌感触がだいぶ変わります。

一番万人に効果が発揮されやすいのが、皮膚科へ行くことと
食事の見直し、保湿です。

肌質は1日2日では変わりません。しばらくおのおのの改善を試みて、どう変わるか試してみる必要があります。

水分は冬だからと言っても、案外寝て椅子間などは汗をかいていますので、忘れずこまめにとってみてください。

生活
ニキビの薬を市販で買えるおすすめの通販

コメント