HOME | LIVE SCHEDULE | PROFILE | DISCOGRAPHY

PROFILE

dip:ヤマジカズヒデ(Vo. Gt.) ナガタヤスシ(Ba.) ナカニシノリユキ(Dr.)


Nagata, Nakanishi, Yamaji (left to right)


1987年から活動していたDIP THE FLAGを母体に、91年にdipとしてのライブ活動をスタート。 93年、ミニアルバム「dip」をリリース、インディー・チャートで1位を獲得。 同年シングル「冷たいくらいに乾いたら」で東芝EMIよりメジャーデビュー。

その後、EMIからは4枚のアルバム(「I'LL」・「love to sleep」・「TIME ACID NO CRY AIR」・「WEEKENDER」)と2枚のミニアルバム(「13FLOWERS」、「13TOWERS」)をリリース。 「love to sleep」が「ぴあ」"90年代の名盤100"に選出されるなど、各方面にて高い評価を得る。

01年、V.A「natural born errors」(UK Project)に参加するほか、映画「ポルノスター」(監督:豊田利晃・主演:千原浩史)の音楽を担当。 のちにナガタが脱退、新たなメンバーにヨシノトランスを迎え、03年7月にはリトルモアレコーズよりアルバム「underwater」とオリジナル・サウンド・トラック「9souls」(監督:豊田利晃・主演:松田龍平)を同時リリース。

04年にはニューヨーク録音によるアルバム「funmachine」を、05年にはライブアルバム「pharmacy」をリリースするほか、斉藤和義・MO'SOME TONEBENDER・bloodthirsty butchersらとTHE ROOSTERSのトリビュートアルバム「RESPECTABLE ROOSTERS→Z a→GOGO」に参加。 同年、ヤマジは、UAへの楽曲提供(監督:豊田利晃・主演:小泉今日子による映画「空中庭園」主題歌)を手がけるなど、ソロでの活動も再開するようになる。

07年には、ナガタがギターでカムバックし、アルバム「feu follet」をリリース。 その後、ヨシノトランスが脱退、ナガタがベースに戻り、09年、オリジナルメンバー3人によるアルバム「afterLOUD」をリリース。

10年2月からバンドは約1年の充電期間に入り、その間、ヤマジはソロでの活動を活発化。 自身のソロライブのほか、花田裕之・大江慎也・池畑潤二・井上富雄(THE ROOSTERS)、中村達也(LOSALIOS・FRICTION)チバユウスケ・クハラカズユキ(The Birthday)らとのセッションのほか、トム・ヴァーレイン(ex. TELEVISION)ら国内外のミュージシャンとの競演を果たす。

充電期間を終えた11年4月には、バンド結成20周年ちなんだライブイベント"trick star"を展開。以降、都内各所でライブを行う。 12年には、EMI時代にリリース・すでに廃盤となっている作品4タイトルが同時一斉発売(4月)となるほか、そのリイシューを記念した国内3カ所をめぐるツアー、そして、同年6月には錚々たる参加ミュージシャンによるdipのトリビュートアルバムの発売。 13年、制作期間4年を経てニューアルバム発売を予定しているが、フルアルバム2枚という過去最大のボリュームで発表。

2014年、4月にneue weltリリース。前作発表から9ヶ月と云うdipとしては通常考えられない短期間制作に、驚きと期待の声が周囲を騒がせている。同月、映画クローズEXPLODE劇場公開開始、dipがdip役で出演、楽曲も3曲提供。
2015年、4月ARABAKI ROCK FEST.15にdip出演。






▼大ヒット映画、クローズシリーズの新作"クローズEXOLODE"


▼監督:豊田利晃,音楽:dip


▼藤原竜也×豊田利晃監督! 「I'M FLASH!」


▼UK PROJECT/DAIZAWA RECORDS


▼club Que