ロゼックスゲルはニキビに効きますか?

この記事はこんな質問に答えた記事です。

結論から言うとロゼックスゲルはニキビには効果はありません。
ニキビの概要を説明しますと、ニキビは皮膚の慢性炎症性疾患に位置付けられています。ニキビは思春期の数年間に起こることが多く、皮脂の過剰分泌、毛穴の先が詰まることで、毛穴の中に皮脂がたまることで始まります。この状態では皮脂が豊富で酸素が少なく、アクネ菌が増えやすい環境にあります。菌はどんな毛穴にもいる常在菌ですが、数が増えると炎症を起こして赤いぶつぶつしたニキビや膿がたまったニキビを引き起こします。
以上を踏まえた上でロゼックスゲルの説明をさせていただきます。
この薬の作用と効果については皮膚潰瘍部位において臭いを生み出すグラム陽性およびグラム陰性嫌気性菌に対して抗菌作用を発揮します。
ではグラム陽性菌とは何なのか。
グラム陽性菌にはたくさんの種類があり、どの菌がどの部位に感染するかによって症状も異なります。
例えば、ブドウ球菌は一般的で身近に存在するグラム陽性菌で、皮膚、呼吸器、泌尿器、腸管など様々な部位に感染します。皮膚では膿を出すようになります。
続いて、グラム陰性嫌気性菌の概要を説明します。嫌気性菌感染症は典型的には化膿性で,腫瘍形成と組織壊死を引き起こします。
ロゼックスゲルの作用機序は嫌気性条件下で菌体内の酸化還元系によって還元を受け、ニトロソ化合物に変化します。このニトロソ化合物がDNAと結合してDNA合成を阻害し、抗菌作用を示します。
効能としては、がん性皮膚腫瘍の殺菌および臭気の軽減が目的とされております。
以上のことから、ニキビとがん性皮膚腫瘍のターゲット菌自身の構造に違いがあるため、薬理効果も全く異なったものになります。ロゼックスゲルはあくまでもがん性皮膚潰瘍へのアプローチ剤ですので、ニキビに効果がないと結論することができると考えます。
念の為、用法用量を記載しておきます。症状及び患部の広さに応じて、なるべく薄く伸ばして使用します。
あるいは皮膚潰瘍部分を清拭後、1日1〜2回ガーゼ等にのばして貼付するか、患部に直接塗布しその上をガーゼ等で保護することが望ましいです。
蛇足ではありますが副反応についても言及していきたいと思います。
塗布範囲が広範囲の場合には、血中濃度の上昇により、経口用または点滴静注用製剤を投与した際に認められるような全身性の副作用が発現する事例があります。
また禁忌としては脳(脳膿瘍、多発性脳梗塞、てんかん、細菌性髄膜脳炎、髄膜炎、ラクナ梗塞、認知症、パーキンソン症候群、脊髄麻痺、偏頭痛、虚血性脳卒中等)・脊髄腫瘍(神経鞘腫、髄膜腫等)の患者様には医師との相談の上で慎重投与が望ましいとされます。”

コメント