市販で買いたい!アドエアジェネリックが最安値で買える通販はこちら!

アドエアを市販で買いたいという方は多いと思います。しかし、アドエアは処方箋が必要な医薬品なので市販品はなく、通常の楽天やAmazon(アマゾン)のような通販では買うことができません。
しかし、海外の個人輸入代行サイトから購入することができます。
アドエアジェネリックが最安値で買える個人輸入代行サイトはオオサカ堂です。
オオサカ堂ではアドエアジェネリックのセロフロ250mcgインヘラーが1本2,304円、2本3,725円(送料無料)の最安値で買うことができます。


商品名:ジェネリックアドエア(Seroflo・セロフロ)250mcgインヘラー 【1本120回分】
販売価格:
 1本 2,304円
 2本 3,725円
送料:無料
製造メーカー:Cipla
販売サイト:オオサカ堂

>>アドエアジェネリック250が最安値の通販はこちら

セロフロ125mcgインヘラーも通販で買える


商品名:ジェネリックアドエア(Seroflo・セロフロ)125mcgインヘラー 【1本120回分】
販売価格:
 1本 2,104円
 2本 3,325円
送料:無料
製造メーカー:Cipla
販売サイト:オオサカ堂

>>セロフロ125mcgが最安値の通販はこちら

ネットの評判は

販売サイトには体験者の口コミが多くあります。
その中で代表的な口コミを紹介します。
効果は同じ、値段が安い、まとめて買える、待ち時間がかからないなどの口コミがあります。

・病院だと一個づつしか処方して貰えなかったのが、こちらで纏めて購入出来るので便利でCPもいいです。
・効果は病院から処方される物と同じでした。安いですし、病院に行く手間が省けて嬉しいです。
・アドエアを病院でもらうと診察料など込みで4000円を超える上に60回分までしか処方してもらえないのにこちらだと100回×2で3300円という値段で買えるのが非常に嬉しいです。
・病院に行くと検査ばかりで、6〜7000円程かかり、その時間も約3時間。トホホ常備しておけば安心ですし、お安くありがとうございます。
・病院で処方されるものとほとんど変わらないと思います。受診料を含めると半額になるので、定期的に購入しています。
・病院で処方せんを 受け取って、門前薬局へ行って…なんてやってたら平日が半日つぶれちゃいますから。

こんな口コミもあります。
・薬は同じなので良いですが、容器の吸い方が難しいと言うか、練習しないとダメですね。

日本製のアドエアも通販で買える

日本戦のアドエアはファミリーファーマシーグローバルという通販サイトで買うことができます。
値段は海外製のジェネリック品と比べて割高になります。

販売しているのは次の6種類です。

・アドエア100ディスカス28吸入用 28ブリスター×1
・アドエア100ディスカス60吸入用 60ブリスター×1
・アドエア250ディスカス28吸入用:28ブリスター×1
・アドエア250ディスカス60吸入用:60ブリスター×1
・アドエア500ディスカス28吸入用 28ブリスター×1
・アドエア500ディスカス60吸入用 60ブリスター×1

・アドエア100ディスカス28吸入用 28ブリスター×1

・アドエア100ディスカス60吸入用 60ブリスター×1

・アドエア250ディスカス28吸入用:28ブリスター×1

・アドエア250ディスカス60吸入用:60ブリスター×1

・アドエア500ディスカス28吸入用 28ブリスター×1

・アドエア500ディスカス60吸入用 60ブリスター×1

アドエアの添付文書は

添付文書はこちら
↓↓↓↓↓↓
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2290800G1032_1_09/

患者向け医薬品ガイドも見ることができます。
https://jp.gsk.com/media/936447/adoair-guide_201712.pdf

アドエアの使用方法は

使い方が分からない方は通販で買わないと思いますが、念のため、こちらの動画で説明しています。

アドエア ディスカスの使い方

アドエアの体験談

私は21才の女子大生です。家族に喘息持ちの人がいます。
私も幼い時から、他の子に比べて気持ちの悪い咳をすることがありました。
ただ本気で医療機関にかかったことがなく、そのままずっと来ていました。
ただ就職の際に、既往症のことについて記載する必要があり、健康診断の意に先生に時間をし撮ってもらい診察を受けました。
結果は、想定通りのものでした。
日常生活に支障は出ていないが、将来的に喘息として発症する可能性があるということでした。
そして、処方箋をその場で書かれて、この薬をきちんと摂取するように指示を受けました。
その薬の名前がアドエアというのは、調剤薬局で薬剤師の方から説明を受けて知るところとなりました。
アドエアの吸入方法には、ディスカスとエアゾ-ルの二通りがあります。
医師の先生が、診察の時に、どちらの方法にするかということを聞かれたので、消去法でディスカスを選びました。エアゾ-ルの方は、殺虫剤を連想させるので却下しました。
その選択が良かったのかわかりませんが、人前でつかうことがある場合は、ディスカスを選ぶ方が良いようです。
いわゆる市販薬は、口に飲み込むように含んで、薬剤を喉奥に吹き付ける形のものが主流です。
エアゾ-ルもその一種のようです。
だから、処方箋をわたして、手渡された吸引機をみて、おしゃれだなあと感じました。
電車の中でつかうこともできそうです。
少し驚きました。
調合された形でもらった薬を飲んでみました。薬が吸入されるとわずかな甘みや粉の感覚が口の中に広がります。
ただ、薬の量がごくわずかであるため、何も味が感じられず、当然、少し感じるべき甘みを感じない(吸入感を得られない)場合もあります。
その為に、最初は、「本当に薬が体内に入っているの?」ということが心配になったことがありました。
ただHPとかを見たら、1回吸入した後、カバーを被せる前に、吸入口の先をテーブルに置いた黒い紙の上で、コツコツと衝撃を与えて、黒紙の上に、お薬が出てこなければ、ちゃんと体内に入っていったと理解できるのでした。市販薬ならば、この手の薬は口の中に、これぞという服用感があふれるのですが、アドエアは非常に謙虚な反応しか出てきません。
まあ慣れると、「ああ、はいったなあ」というようになってきます。
そして何より大切な判断基準は、喘息症状が治まるかどうかで判断すればよいかと思います。
私の場合、アドエアを口の中に定期的に供給して吹き付けるようになってから、喘息症状は起きていないです。
それと、いわゆる肺気腫に悩む人にも効果があるようなので、タバコを吸いすぎている祖父にも利用を勧めてみました。
ただタバコ喫煙日数が長いので、対処としては遅すぎるのかもしれませんが、服用するようになってから、あまり息切れが無くなったような感じは確かにあります。

コメント